プロフィール


1959年
 
 
 
1977年
1978年
 
1980年
1982年
村上宏治(ムラカミコウジ)
昭和34年8月12日
広島県御調郡向島町出身

広島県立尾道商業卒業
東京麻布秋山スタジオ入弟子

印刷会社、写真部入社
村上写真事務所開設
 料理雑誌・食品パッケージ・ポスター等
 料理を中心に活動開始


1984年 自動車メーカー及びタイヤメーカーと契約
 イメージカット担当

1988年 尾道へ帰郷
 
1989年 尾道にエンジンルーム村上を開設
 美術館を中心に広告写真活動開始
 
1993年 マリンスポーツ財団より依頼、
ヨットレース、パワーボートレース撮影開始

1995年 ライフワークとして仏教美術を選択
 瀬戸内海の仏教文化と歴史、
 自然と空間をテーマに取材開始。
1997年
 
 
1998年
 
1999年




子供に向けた発信を摸作ゴッホCD-ROMの開発の為調査開始
同時に独自のホームページを開設

通産省マルチメディア進行財団採択決定ロムの開発着手

ゴッホCD-ROM完成。
  継続し子供たちへの発信の為活動中。
  瀬戸内の無人島にてパフォーマンス展覧会
  豊島胎内回帰を開催 来場者:750名
  西国寺、『西国寺之寺宝』を出版

2000年 広島本通り 広島ガスギャラリーLIPにて
『分水嶺』を開催。
学校法人山中学園と子どもたちへの
コンテンツ発信と自己表現を目的に連携。
JaJaの写真館開設
食の展覧会『一膳粗食』開催
尾道・浄土寺密着取材完了、秘仏の撮影終了。
瀬戸内海の風景シリーズ『知の牙城』発表
尾道市立美術館にて『龍の國』展覧会を開催

2001年 浄土寺、『国宝の寺 浄土寺』を出版
中国新聞『素食の旅』連載 第41話完結
広島ガス広報誌、エッセイ『空ふく風』連載中
広島ガス、ガスのある暮らし連載中
京都、建仁寺八百年祭コラボレーション開始
ベルリンフィルハーモニー指揮者 アンドレ・バウアーとジョイントする。
広島アーバンビューグランドタワーGプロジェクト撮影敢行。

2002年 尾道大学芸術学部非常勤講師
尾道浄土寺『源氏の大茶会』をプロデュースする。
尾道社団法人さつき会とのジョイントで、
アレルギー対応食品を開発・製造。
表現者達をテーマに独自の密着取材を敢行。
しまなみ大学芸術コンクール、
平山郁夫画伯主催の写真部門の審査委員長となる。


HOME スタジオ
無断で複写・複製をする事は禁じられています。
Copyright by ERM