『海が見えた、海が見える、五年振りに見る尾道の海はなつかしい』
放浪記の一節だが、尾道の海は人の心を魅了させてくれる。
志賀直哉もそうだが、ここを訪れた人々はみな心ひかれ、
アーティストには自分の持ち前で尾道を表現していった。
 幅約400m長さ10kmの尾道水道、何故だかドラマがいっぱいだ。
この旅情ある風景、時代の大きさを感じさせてくれ、
そして自分を感じさせてくれる処だ。
頼山陽 志賀直哉
頼山陽 志賀直哉
小林和作 林芙美子
小林和作 林芙美子


HOME 尾道探訪
無断で複写・複製をする事は禁じられています。
Copyright by ERM